VMware をインストールしてみた。

| コメント(2)

Image4

今日は、VMware という OS 仮想化ソフトをインストールしてみたいと思います。

これをインストールすると、Windows を動かしながら Linux を操作できたり、Mac で動かせてしまう優れもの。

もちろん、Windows の中で Windows を動かすこともできます。

Microsoft の Virtual PC というものもありますが、VMware の方が人気が高いです。

動作が速いというのが、一番のメリットでしょう。

今回は、OS は Windows XP を使います。

ソフトは、無償の VMware Server を使います。

体験版とか途中で出てきますけど、実際は体験版じゃないのでずっと使えます。

 

Image15

まず、会員登録をします。

こちらから、会員登録をしてください。

ここでひとつ注意。

会員登録するときHotmail アドレスは使用できませんのでご注意ください。

ユーザー登録が完了したら、ログインしましょう。

 

Image0

そして、アカウント編集を開きます。

*がついている項目すべてを入力しましょう。

これを入力しないと、ダウンロードできません。

面倒ですが、無料で登録できるんだから、面倒くさがらず・・・。

入力が終わったら [変更を保存] を押してください。

 

Image2

そうしたら、右側のメニューのライセンスキーをクリックしましょう。

シリアルキーの発行で "VMware Server for Win 1.0.0" を選択します。

[シリアルキーの送信] ボタンを押します。

完了すると、「お申し込みありがとうございます」と表示されて、その下に「評価版ダウンロード」という文字が表示されていると思うのでそちらを開きます。

 

Image3

そしたら、その中の VMware Server から Windows を選択して、ダウンロードしましょう。

クライアントや、マネージメントインターフェイスのほうをクリックしないようにしてください。

150MB近くあるので、結構時間がかかると思います。

気長に待ちましょう。

ダウンロードが終わったら、ファイルを実行します。

 

Image5

英語の画面が出てきますが、ビビらないでくださいw

[Next] を押します。

次に、ずらずらっと利用規約が出てくるんで

I accept the terms ...

のほうを選択して [Next] を押します。

 

Image6

次に、インストールの種類の選択をします。

Complete か Custom が出てきますが、通常は Complete でいいでしょう。

VMware のすべての機能がインストールされます。

そして [Next] を押します。

そうすると、IIS をインストールしていない普通の PC ではこんなものが出てきます。

 

Image7.png

まあ驚く必要はないでです。

気にする必要もないんだけど、一応どんなメッセージか説明しておくと・・・。

あなたのPCには、IISがインストールされてないよ~ん!!

VMware Management Interface を使うには Internet Information Service が必要だけどどうする?

IIS をインストールするなら、インストーラーを終了して IIS をインストールしてから出直して来い!!

って感じwww(かなりてきとー。

VMware Management Interface なんて必要ないので [OK] を押して飛ばして問題なしです。

 

Image8

次に、インストールディレクトリの選択が出てきます。

通常は変える必要がないので、そのまま [Next] です。

どうしても、インストール先を変えたい場合は、各自設定してください。

 

 

Image9

次に CD-ROM の自動起動に関するメッセージが出てきます。

これは、VMware を使用するときに、自動起動が ON になっていると、若干不便だからです。

何で不便かってのは、VMware 上のゲスト OS で使用する CD を入れたとき、ホスト OS 側でも読み込まれて自動起動しまうからです。

ただ、VMware 専用マシン出なければ、自動起動してくれないと通常使用の際に不便なので、チェックをはずしましょう。

もしも、自動起動してくれなくてもいいならば、そのままにしておいてください。

できたら [Next] を押して次に進みます。

 

Image14

で、インストールする準備ができましたので、下の [Install] ボタンを押します。

そうすると、インストールが開始されます。

しばらく時間がかかるので、ほかの事でもやって暇つぶししましょう。

僕も、ブログを書きながらインストールしてるので暇だったり・・・ww

 

Image17

ここで、シリアルナンバーと名前の入力を求められます。

User Name は、最初からPCのユーザー名が入力されていると思います。

変更したければ、そこに入力してあげましょう。

Organization は空欄のままで OK です。

Serial Number は、メールで先ほど発行したシリアルナンバーが届いていると思うので、そちらを入力します。

最後に [Next] を押しましょう。

 

Image18

これで、VMware のインストールは完了です!!

お疲れ様でした!!

次は、ゲストOSのインストールですが、これは次エントリーで紹介します。

 

わからないことなどがありましたら、コメントからどうぞ。

コメント(2)

始めまして。VMware VirtualPCについて
googleでtechnoさんのサイトへくるようになりました。
文章力・表現(判り易さ)と内容の充実さに感心するばかりです。

いきなしで恐縮なのですが、是非とも
お教えほしくメールをしています。
サイト構築のことでご教示を賜りたくお願い申し上げます。
まずはメールを頂けると有難いでのですが。。お願いします。m( _ _ )m

windows7 にVMware Server1を登録しましたが起動するとvmware consoleでローカルの選択が出来ません。local hostが表示されてないのです。インストールを何度かしなおしてもおなじです。どうしたらよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

2013年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のブログ記事

新しいブログに移行します
新しいブログを作りました。よろしくお願い…
どうも、お久しぶりです。
お久しぶりです!! さすがに、もうこのブ…
Linux で Japanino を使ってみる。
大人の科学マガジン vol.27 …

Ads

 - trial and error



track feed trial and error